脱サラのすすめ

ダムとバイクとSEの記録

【バイク整備】エンジンオイル・オイルフィルター交換【Ninja250R】

f:id:shibatty:20210711233501j:plain

1年近く乗りましたし、これから酷暑というのもありエンジンの負荷も上がりますので、ここいらでちょっとエンジンオイルの交換でもしましょうかと。

前の所有者の交換タイミングがわからなかったので、ついでにオイルフィルターも交換してみます。

前に乗っていたYAMAHAのSRV250Sはちょっと癖があって面倒でしたが、このニンジャはめっちゃ簡単でした。

とりあえず判ったのは、工具は六角レンチ17mmの一本あればヨシ!

 

■費用:4~5000円程度

 

■時間:1時間以内

 

 

 

目次 

 

0.事前準備

【工具】

・六角レンチセット(17mmがあればヨシ)

 

・漏斗(あるといい)

 

・耐油ゴム手袋(あるといい)

 

【必要物】

・エンジンオイル(折角だし純正のを入れてみた)

※通常1.4L、フィルター交換時1.6L必要

 

・オイルフィルター(適合品なら何でもいい)

※ウィンカーへ流れている電流を分流させるためのやつ

 

・ポイパック(廃油処理は自治体のルールに従ってください)

 

・リアスタンド(あったほうが楽)

 

とりあえずこの三点セットがあればOK

f:id:shibatty:20210711235852j:plain

 

ついでに漏斗、耐油ゴム手袋、廃油拭く用にウエスがあると尚ヨシ。

f:id:shibatty:20210711235949j:plain

 

1.エンジンオイル排出

まずはエンジンオイル排出の場所ですが、下図の青の部分です。

f:id:shibatty:20210711235542j:plain

単なる六角ネジになっています。

ここを17mm六角レンチで通常の緩める方向に回すと、、ドバーっと出てきます。

※気温が低いときは軽く暖気してから行うと出やすいです、が火傷に注意

 

割とトルクがかかっているので、手で回るレベルまでトルクを緩めてあげます。

そのうえでポイパックを下に置き、廃油を受ける体制にしておきましょう。

f:id:shibatty:20210712000026j:plain

廃油受けセット、ヨシ!

 

あとは一気にボルトを抜いてあげると・・・

f:id:shibatty:20210712000125j:plain

気持ちよくなれます。

出切るまでしばらく待ちです。

ある程度出てこなくなったら、再びボルトを締めてあげます。

ボルトが廃油まみれになっていたら、締める前にウエスでボルトを拭いてあげましょう。

f:id:shibatty:20210712000339j:plain

 

 

2.オイルフィルター交換

オイルフィルターは、下図の赤の部分です。

f:id:shibatty:20210711235542j:plain

こちらも同じく、六角の17mmです。

回す方向がややこしいですが、フロント側から見て、手前に引っ張る方向が緩める方向になります。

こちらのトルクはかなり固いので、ネジのナメに気を付けてください。

 

ある程度緩めると廃油がこぼれてくるので、トルクが緩んだ段階で先ほどのポイパックを下に敷きましょう。

 

そのうえで緩めていくと・・・

f:id:shibatty:20210712000728j:plain

滴り落ちます。

あとは気にせず回しきって引っこ抜きましょう。

 

f:id:shibatty:20210712000825j:plain

右が引っこ抜いたフィルターです。

構造は・・・

f:id:shibatty:20210712000915j:plain

左から右の順に上に刺さっていくような感じです。

廃油をウエスで拭き、ゴムパッキンとフィルターを交換し、元通りに組みなおします。

f:id:shibatty:20210712001116j:plain

こんな感じ。

スプリングが失くしやすいので注意です。

あとはこれをそのまま、車体にぶっ刺してやればOK。

スプリングがありテンションがかかるので、上に押したまま締めるのがコツです。

回す方向は、フロントから見てリアに押す方向です。

 

替えたフィルターはまだオイルが染みてるので、ポイパックにとりあえず突っ込んどきます。

(金属があるので、ポイパックと一緒に処理しないで不燃ごみへ。)

f:id:shibatty:20210712001445j:plain

 

 

 

3.エンジンオイル注油

エンジンオイル注油口赤の場所オイルの除き窓青の場所になります。

つまみを回せば注油口が開けます。

f:id:shibatty:20210712001800j:plain

 

注油口に漏斗を突っ込み、まずは1L、ぶち込んじゃいましょう。

f:id:shibatty:20210712001856j:plain

 

1L突っ込むと、こんな感じ。

f:id:shibatty:20210712001933j:plain

 

残りは調整しながら注油します。

f:id:shibatty:20210712002110j:plain

+400ml注いだくらいです。

ちょっと注ぎ過ぎましたが、この後フィルターに染みこませると量が減るので問題ありません。

 

今回はフィルターも替えたので、フィルターに染み渡らせるため、ここで一度注油口を締めてエンジンをかけていきます。

1~2分回すとエンジンオイルがフィルターに染み渡ります。

f:id:shibatty:20210712002344j:plain

 

その後、エンジンを切り5分待ち、エンジンオイルが滴り落ちるのを待ちます。

f:id:shibatty:20210712002453j:plain

前のオイルの汚れと混ざって若干色が変わってますが、これでヨシ!

この減った分がフィルターに吸い取られた分ですね。

もう一度注油口を開けて、オイルを注油していきます。

f:id:shibatty:20210712002614j:plain

気泡が見えるくらいかな?割とパンパンに入れます。
ちょうど1.6か1.7Lほど使った感じです。

残りは次回に持ち越しです。


あとは油で汚れた部分をウエスで拭き、廃油を処理したら完了!

簡単! 

ほんと簡単なので自分で行えば工賃が抑えられます。

 

次回は、痛車を計画中です。

準備が整っているが、休日の晴れ間を狙っている状況。もうちょっとで・・・

 

それではビバ、Ninjaライフ!

f:id:shibatty:20201030010612j:plain